再帰反射材に関する法制度は、何かありますか?

製品

日本では、総重量7トン以上の貨物車体に対して、道路運送車両の保安基準38条の2において大型後部反射器の装備が義務規定として、同38条の3において再起反射材の装着が任意規定とされてます。また、船舶安全法第6条の4第1項により船舶に常備される救命胴衣、いかだなどの救命器材に再起反射材の装着が義務付けられています。

海外においては、上記以外にワーキングウェアや交通標識などにも詳細な法規制が施行されています。